京四郎と永遠の空はくう、京四郎、せつなの3人の成長する物語
京四郎は兄の幻影からの解放を
くうは王子様幻想からの脱却を
せつなは京四郎依存から自己の確立

せつな視点で語ると
「京四郎と永遠の空」の「永遠」にも意味があって
せつな(刹那)という一瞬の意味を持つ名の少女が永遠に変わる
という意味も持たせています
失恋した子ほど良い女になるよね
…というのも出せたかな?と思っています

1話と最終話の「永遠の空」というザブタイトル同じで
「とわのそら」「えいえんのくう」と読み方が違うのは
同じ人間でも中身が違うと意味が違ってくるよ
みたいなことを出したかったからです
最終回でえいえんのくうになれたかなと思っています

京四郎はソウマ以上に失うものを多くするために
全てを持っている人間に設定しました
しかし実際には弱く
言っている事に根拠はない
自分の意見ではない誰かの意見で行動するただの人間で
そこから最後に自分の意思を持ち自分の言葉で行動する人間に成長する

…という挫折し悩み成長する3人の成長劇
京四郎と永遠の空とはそういう物語だったと思います


それと昨日はマウスさんのスタジオで京四郎と永遠の空の打ち上げがありました
最終回が放送されてひとまずの区切りです
(まだ特典映像や修正、漫画等は残っていますが)
監督が最終回を終えてホッとした所を
油断してインフルな感じでとても大変そうでした
最後にサンプルのDVDが到着して特典の妄想デートを
間島さん下屋さんの目の前で岩波さんのするどいツッコミ付き鑑賞会という羞恥プレイに…w
2人ともすごく照れていて撮影の時のコメントをしながら
打ち上げは終わりました


参加してくださった皆様本当にありがとうございました
打ち上げの場でスタッフの方の愛をいっぱい感じました
すばらしいものが出来上がったのは
スタッフならびに応援してくれた皆様のがんばりや愛だとおもいます
本当にありがとうございましたそしてお疲れ様でした