上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日監督に京四郎1話の完成1歩手前版を見せてもらいました
曲が入るとさらに耽美な雰囲気が増し
神無月の様に30分間休めないテンポで進んでいきます
介錯の観たかった物そして目指していた物に
限りなく近かったので放送が楽しみ
現場の人を使わず監督が自らビデオをカチャカチャ操作していたので
面白い物が出来たので早く見せたいという気持ちだったのかな?
こんなにスタッフ内で面白がって良いのかな?
趣味過ぎないかな?という話になりました

それと植竹さんの小説の一部を読ませてもらいました
いつもは脚本を読ませてもらっているので台詞中心な文章なのですが
小説と言う事でクセになる言い回しとか凄く良いです
この小説には京四郎の前の話もあり
植竹さんがつい筆をすべらせて大幅に書きすぎてしまう
カオンヒミコの運命の出会いとかも含まれています

OPEDの曲の完成版も届きました
OPはくうの健康的な明るさ
EDは色々知った後のくうで聞くほど味がある感じです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。