上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.24 ◆もう後半戦
昨日は9話アフレコでした
〆切り中なので途中で帰らないといけなくて残念
声優さんの出待ち?をはじめて見ました…凄いな~

それと完成版4話を少し前に見ました
1~3話は1月番組の納期の関係で年末にはおおよそ出来ていて
監督と藤井さんスタッフさん達はとても大変そうでした
とくに総作監の藤井さんはOPと1話と2話と特典+3話の
作画を監督しないといけないので大変だったと思われます
4話は小林さんなので綺麗だったな

今月は小説用のカラーとかワンフェス用のカラーで大変です
スポンサーサイト
2007.01.20 ◆京四郎3話
冒頭の分割シャワーの所は鍵姫で出来なかった
別シーンのキャラと会話しながら
全員が鍵を取り出して一斉にドアを開くシーンのシャワー版です
鍵じゃないので蛇口をキュッキュッと閉めます

かおんの調律のシーン
ミカにとって絶対天使=刀なので
刀鍛冶が刀を鍛えるように叩いています
それとかおんではなく
叩く瞬間に本体を守ろうと出現するムラクモを叩いてるので
かおん本体には届いていません
画面では思っていたよりムラクモの出現時間が短いので
かおんを直接叩いてしまっている様に見えるのと叩きすぎかな~と…。

最後の京四郎達の落ちるシーンは
脚本上では馬の描写は書いていないのですが
コンテで監督が勢いあまって落としてしまいましたw
次回頼りになる馬と京四郎達は離れ離れ…どうなるのか?

馬の名前は植竹さんとの中では
主役の駆る乗り物はロボでも馬でもミカズチという名前にしたかったのですが
監督がソウマからミカズチも取り上げてしまうのは可哀想だということで
ソウマソードの名前がミカズチになりました
2007.01.17 ◆京四郎2話
月風魔学園のお話です
最初のポストの場面は夕焼けで
逆光のくうがたったったっと走っていって
崖の淵の壊れたポストに投函するというイメージだったのですが
きちんと背景を描いてくれていてとても綺麗に

その後絶対天使各自の紋章を見せる為にお風呂に…。
撮影の会社さんの能力が高く監督のイメージどうりの効果がとても綺麗
色々制約がある中でここまで内容を詰め込むのは大変で
監督のコンテ能力の高さのおかげです
絵もとても綺麗で藤井さんとスタッフに感謝
かおんはエネルギーがもれている状態なので常時蒼くキラキラしています

その後はくるみのサキ登場を彷彿させる通常兵器を倒すシーン
シナリオで鋼鉄天使という単語を使うかとても迷いましたが
鋼鉄の体無しの純粋な天使だという分かりやすい説明のために必要かと思って使いました

その他「絶対」という言葉は重すぎて日常ではほとんど使いません
京四郎の決意と背負った重さのために何度も絶対と言ってます
漫画のセリフというのはどんどん削って少なく洗練させていく作業なのですが
アニメだと言ってもらえば良いので
何度も繰り返す事によって生まれる言霊の力が強く伝わると良いなと思って
もう1回ぐらい「絶対」言っておきましょうとお願いしています

最後のライジングユニコーンの変形は
監督も知らなかった塩川さん作の変形です
2007.01.11 ◆絶対付録
先日新年初の京四郎のアフレコ7話
岩浪さんの気合が入っていたのか
凄く細やかな部分を丁寧に何度も直していました
ですが直しの時間を含めても上手な声優さんばかりなので早めに終わります
その後アフレコも半分を越えてしまったねー
と話しながら監督と植竹さんと4人でご飯に
作りたくて作る作品を作れるのは幸せだねと話しながら帰りました

ドラゴンエイジ2月号付録の絶対介錯ですが
随分と昔の絵が載っていてとてもとても恥ずかしいです
くるみとか三銃士とか何年前の絵だろう???
でもこの中の薔薇の三銃士という作品を藤井さんが持っていた事が
今のTNKさんとのお付き合いのきっかけでもあり
京四郎な作風の始まりなのかもしれません
…が薔薇の三銃士の絵が載って無いよw

せつなと介錯作品集合絵は凄く時間がかかってしまい
年末の地獄のスケジュールの記憶が蘇ってしまいますが
久し振りにお気に入りの神無月の制服が描けて満足です
ちなみにラフスケッチで紹介してある
各学園とか日本地図とか城塔学園周囲の地図とか
プチプチとミリペンで自作手書きです…これも描くのは大変でした

応援メッセージは昔の介錯を知っている古い知り合いの順に頼みました
みんなありがとうね
密かに監督が自分で自分の作品を応援している所も見所かな?

アニメ京四郎の1話もほぼ放送しました
1話2話OP+特典をTNKで作っていたので
担当HにビデオではなくDVDでいただきました
これで見すぎてビデオがフニャフニャにならずにすみます
いよいよ京四郎が各地域でスタートしました
日頃から耽美で美しい恋愛が描けると良いなと思っているスタッフで
またスタートする事が出来てとても幸せです

1話は主役3人の顔見せと矢作くうの可愛さ
そして神無月の1話を踏襲した作りですが
例によって2話以降は凄いテンポで展開していきますのでお楽しみに
OPは最後の朽ちたロボの上の2人の絵がとても好きです
歌もくう繋がりなのかCooRieさんの明るさ全開で
姫子とはまた違うくうの明るさを表せているのではないかと思います

漫画京四郎も1、2巻と今月発売の2月号で全部読めるので
京四郎中心な付録も付くのでよろしくお願いします
ドラマCDも嬉しい声優さんが出演してくれるので
あのキャラが復活出来るかも知れません
とても楽しみ
正月なので2日ほど休んでました
年末のイベントと知り合いとの年明けが連続したので
ただひたすらに寝ていただけですが…。

休み中に読んだ植竹さんの京四郎の小説が面白かったな~
メイン3人の話を追っている漫画に比べて
アニメは多くのサイドの話を盛り込めてはいるのですが
それでも残念ながら色々削られてしまいます
削られた各キャラのエピソードにはおいしい話も結構あって
神無月の時は各オロチ集の話はもったいなかったなと今でも思います
今回の小説は面白く補完が出来ているのではないかと…。

どのメディアもそれだけで楽しめるようには出来ていますが
各作品を照らし合わせて考えると
より面白いような仕組みになっています

アニメ本編の各話予告はショートバージョンになっていて
ロングバージョンは公式HPの方で見れるようになっています
各話放映後に随時追加されていくと思うのでそちらもお楽しみに
さらに漫画2巻末の辞書をアニメに合わせた形で
公式HPで随時更新していく計画もあります

※それとせつなの身長はブーツ履いたものでくうより低いです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。