上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイズワークスさんから
永久アリスのきらはフィギュアが送られて来ました
パーツが空間を回り込んで気持ちが良いです

きら顔1
テストショットの時に目の輪郭の色が強すぎたので
茶色にしてもらってソフトに

キラのび2
きらはは鍵姫の中で気に入っているデザインの1人です

キラのび
ちょっと下から見た時ののび~ん感がお気に入り

実はくるみ10巻の55話のカラーで
すでにきらはの服が出ています
単行本だと見えにくいかな?
スポンサーサイト
心理学の世界だと人は総じて多重人格である様です
中でも女の人はかなりの確立で別の人格をってます

少女達が心的外傷から逃避するために作り出した
別人格達の思考を共有してる世界がメルベイユスペース
タキオンはアリス少女達と様々な関係を持つ事により心に入り込み
少女達の作り出した共有世界で
優れた物語が永久に語り継がれる様に
「あの男」として永遠に生き永らえることが出来ると考えました
それは同時に永久に少女達に縛られる事になるとも知れずに…。

アリスにはテーマとして
有人(同人作家)vsタキオン(作家)とか
理想(ありす)と現実(きらは)どちらを選んでも
人生厳しいよという事も含まれています

人生は物語みたいなもので
それを賭けた壮絶な戦いの戦利品を
書き写すことで増やせるチート(違反行為)能力を有人は持っています
とてもずるい子なのです
2006.09.12 ◆アリスの話
元々アリスは鋼鉄天使くるみの原作に
鋼鉄ファイトというお話があって
当時強く映像化が望まれていました
内容は読者募集のキャラの戦う天下一武道会なお話で
アニメくるみ3期の方向性として出すアイディアでした

ただアニメでバトル物は作画のカロリーがものすごく高いのです
それに加えて15分枠ではストーリーも進められません
それで考えた仕組みはバトルを開始すると
そのキャラの回想に入るという仕組みです

これで心に心的ネタを持ったキャラを解放しつつ
ドラマがあり作画への負担のかからない物語になるかな?
…と思っていたのですが
後に3期は実写ドラマになって
このネタは使われる事はありませんでしたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。