上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くうせつな
先日くうとせつなのフィギュアを見せていただきました

せつな1 くう1
せつなのスカートと裏髪のボリューム感が好き
くうはボーナツパーツとして城塔学園服が付く予定です
城塔学園服は照明が暗かったらしく上手く撮れていませんでした…残念

せつな2
せつなは最終回用のショートカットバージョンも付きます

色など細かい所の修正が入るとの事
基本はアニメ版ですが
ポーズは単行本のポーズになってます
スポンサーサイト
正月なので2日ほど休んでました
年末のイベントと知り合いとの年明けが連続したので
ただひたすらに寝ていただけですが…。

休み中に読んだ植竹さんの京四郎の小説が面白かったな~
メイン3人の話を追っている漫画に比べて
アニメは多くのサイドの話を盛り込めてはいるのですが
それでも残念ながら色々削られてしまいます
削られた各キャラのエピソードにはおいしい話も結構あって
神無月の時は各オロチ集の話はもったいなかったなと今でも思います
今回の小説は面白く補完が出来ているのではないかと…。

どのメディアもそれだけで楽しめるようには出来ていますが
各作品を照らし合わせて考えると
より面白いような仕組みになっています

アニメ本編の各話予告はショートバージョンになっていて
ロングバージョンは公式HPの方で見れるようになっています
各話放映後に随時追加されていくと思うのでそちらもお楽しみに
さらに漫画2巻末の辞書をアニメに合わせた形で
公式HPで随時更新していく計画もあります

※それとせつなの身長はブーツ履いたものでくうより低いです
監督が京四郎2話の完成1歩手前を見せてくれました
絵が綺麗でさらに色々な意味でサービスの良い仕上がり
姫子とくうの差がとても分かりやすいね
場面が夜なので1話より光の処理がとても綺麗で懐かしくて…。

そして単行本2巻もそろそろ発売です
キャラの顔とか目とかの細かい所を直したのだけど
…単行本のサイズでは気がつかないかな?
色々あって1巻に入らなかったカオンの話もやっと収録

2巻には巻末にデーターベースがあります
本編は何も知らなくても楽しめるように作ってありますが
より深く理解するための助けにどうぞ

1月発売のエイジでは表紙と
オールカラーの小冊子が付録に付きます
それとコミケ用の駅張りポスターも届きました
富士見さん本当にありがとう

連日のハードスケジュールでフラフラのガタガタです
色々展開するように努力したのも
短期間で単行本を2冊出すための努力も
2話を見て凄く報われたかなと思います
先日監督に京四郎1話の完成1歩手前版を見せてもらいました
曲が入るとさらに耽美な雰囲気が増し
神無月の様に30分間休めないテンポで進んでいきます
介錯の観たかった物そして目指していた物に
限りなく近かったので放送が楽しみ
現場の人を使わず監督が自らビデオをカチャカチャ操作していたので
面白い物が出来たので早く見せたいという気持ちだったのかな?
こんなにスタッフ内で面白がって良いのかな?
趣味過ぎないかな?という話になりました

それと植竹さんの小説の一部を読ませてもらいました
いつもは脚本を読ませてもらっているので台詞中心な文章なのですが
小説と言う事でクセになる言い回しとか凄く良いです
この小説には京四郎の前の話もあり
植竹さんがつい筆をすべらせて大幅に書きすぎてしまう
カオンヒミコの運命の出会いとかも含まれています

OPEDの曲の完成版も届きました
OPはくうの健康的な明るさ
EDは色々知った後のくうで聞くほど味がある感じです
京四郎用の音楽を聞いています
神無月の時もそうでしたが窪田さんの曲はとてもとても美しいですね

今回はバトル曲の種類が多いかな?
あまり戦う作品ではないつもりだったのですが
物語の節目で戦っていくのでこのぐらい必要なのかも
メインは恋愛物なのでロマンチックな曲はもっと多いです

それと1月発売エイジの付録京四郎小冊子に
くるみ、たると、神無月、アリス、ワルQなどの集合絵を描きました
くるみとたるとを描くのは本当に数年ぶり
アニメ版の描下ろしと友達イラストもあるのでそれも楽しみ

京四郎のような他作品の要素を受け継ぐキャラが出てくる物語は
各作品を理解してくれている方でないと難しいので
お付き合いの長い柳沢さんが監督だという事は
京四郎にとって本当に幸せな事なのです
3話のアフレコに行ってきました
セリフがとても独特で面白いです
脚本論的に正しくないのかもしれませんが
前後が入れ替わっていたりとか
色々独特の言い回しをお願いしてます

その無茶を聞いてさらに洗練された耽美なセリフを
次々と編み出してくれる言葉の王子様の植竹さんには本当に頭が下がります

取材の方が多めに来てくれるとのことで
マウスプロの方も準備で大変そうでした


版権ポスターも刷り上ってきました
設定の時の絵も綺麗でしたが
このポスターの絵から出る力は凄みを感じます

各アニメ誌に載ったり小説展開と単行本2巻
ドラゴン本誌とドラゴンエイジの付録
さらにコミケでくうせつなのアニメ抱き枕などなど
色々時期が迫ってきたら随時伝えて行きたいと思います


※他のキャラの抱き枕とか予約限定で作れないかな?
2006.11.28 ◆黒い服
矢作さんのくうが夢を見てる感じがとてもくうで良い感じです
せつなも幸薄い感じがすごく出ていてとても良いです

学園物に置き換えると
くうせつなの2人はワルQ先輩や
姫子先輩、千歌音先輩、たる先輩の後輩で
新入生だと思って頂けるとありがたいです

介錯の持つ京四郎の初期段階の構想では
アニメ版がくうの話で小説版がくうに会う以前の話
…というようにバラバラの話で

漫画版はせつな以外の絶対天使の視点で
謎の男京四郎が「永遠の空」と「夢想の時」という
2つの絶対能力で攻めてくる話にしたかったのですが
出版社の要望もあり今の形になっています

京四郎がハカイダーカラーな黒ずくめのデザインになっているのは
絶対天使を破壊する者だからです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。